google-site-verification: googlef15ee7cc0bd7ecc5.html 岡山国語専門 国錬ゼミ 2020年06月08日
FC2ブログ

2020-06

文章力を上げる方法

近頃ふと感じたことですが、国語の指導では不思議と文章の読解ばかりに目が向きがちで、文章を書く力の方にあまり視線が向きませんね。

ということで文章力を上げる方法についてざっとご紹介しましょう。全て私が実際にやってたことです。

「なら、余り効果ないのか」、なんて言う人は、きっといないと信じます。



もちろん基本は読書なのですが、ただ読むだけではいけません。

「この表現は自分には思いつかないな」と感じたフレーズを片っ端からノートにメモっていました。

まだまだ語彙の少ない段階ですから、何も考えずに文章を書いても経験値の入るような状況ではありません。家を建てるにしても、まずは材料集めから始めるということですね。

あとはその材料をどこから集めるか、なのですが、これは目指す文章によって最適な場所は変わるでしょう。自分が素晴らしいと感じる文章がもしあるならば、それの筆者の文章を読み漁りながら、盗める材料を盗みつくすのです。

そしてパクった表現を組み合わせてそれっぽく文章を作りましょう。まずは出来合いの素材で立派な家を作るのです。

何の文章を書けばいいか判らないという人は、まずは無難に日記とかでもいいはずです。

私は昔に書いた自分の日記やポエムみたいなのが結構残ってたりして、読んでると猛烈に恥ずかしいですが、頑張って残しておくと思い出にはなります…。ちなみに、中学生ぐらいの時期に書いたものは一時期ちゃんとCDに焼いて残していましたが、燃やしました。耐えられなくて。



さて、そうやって遊んでいるうちに、ある程度語彙が増えてくると、自分でどんどん文章が書けるようになるはずです。この頃僕がハマってたのは「三題噺」です。

「三題噺」とは、適当に決めた3つのワードを必ず組み込んで一つのお話を作るというもの。作家志望の人間の定番練習でもあります。

しかしこれは余りにも創作方面に寄りすぎた訓練なので、やはりマジメな文章に関しては、先生に添削してもらうというのが最善の練習だと思います。

マジメな文章には「ルール」がありますから、詳しい先生に教えを乞いましょう。人によって傾向は違いますから。

国語の記述解答にしても、創作癖のある人は気を抜くと本文から離れて自分で語り始めてしまうし、本文に頼りすぎる人はかみ砕いて要約ができません。一人一人に言うべきことは違います。

余談ですが、高校生の頃の私は漢文を読みすぎて、普段の文章が書き下し文みたいになる病気にかかっていました。そんなもの読みづらくてしょうがない訳ですが、引き出しの一つと言えば、まあ勉強の成果だったとも捉えられます…。


最後に、自分の書いた文章を翌日以降にもう一度読む癖をつけましょう。書いている時は筆が乗っていて気づきにくいのですが、頭が冷めてから読むと、読みづらくて仕方ないことに気付くことが多いのです。

読みづらくなる原因のほとんどは不要な表現や回りくどい言い回しです。書いた直後だと、違和感があってもそもそも他の表現を思いつけないんですよね。

じっくりと悩みに悩んで決めた部分ほど、読んでみると流れが悪い、ということも。


逆に、上手く書けたなと感じた文章はしっかり自画自賛して読み返しましょう。書いた者だけの特権ですから、「読みやすいなー!」と勝手に喜ぶのです(笑)

それは次へのモチベーションになりますから、自分の書いた文章は自分で評価しましょう。それはあなた自身と向き合うことにもつながります。


長くなってきましたが、文章力に関してはまた機会があれば書きたいと思います!まだまだあるので!今回はこの辺で。
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

kokugojuku0720

Author:kokugojuku0720
朝日高校・青陵高校・城東高校・操山高校受験 国語専門塾です。
お問い合わせはこちらから

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR