google-site-verification: googlef15ee7cc0bd7ecc5.html 岡山国語専門 国錬ゼミ
FC2ブログ

2020-07

大局観

村上です。
長い春休みが終わった、と思ったら、今度は長いゴールデンウィークに突入していることと思います。
系列の塾ではオンライン授業の導入が始まり、生徒からは「新時代を感じる」という感想を貰いました。呑気な感想とも思いますが(笑)、挑戦を楽しむ姿勢は必要ですね!

県内の感染状況は、まだまだこれからというのが実情かと思います。この状況はかなり長期に及ぶのでは、との見立ても強くなってきていますが、こうなってくると学生の方は何を目安に勉強を積み重ねていけばよいか、だんだん見失ってしまっているのではないでしょうか?

というのも、学校が稼働しているうちは日々の課題や試験に追いついていけば、少なくとも完全に置いて行かれることはありません。しかし学校の機能がマヒしている今、周囲は何を勉強しているのか、何を目がけて勉強すれば良いのか、見えづらくなっていると思います。

「大局観」という言葉があります。囲碁や将棋で使われる言葉ですが、長期戦において、目先の小競り合いでなく、戦い全体を見渡した戦略を以て最終的な勝利を得る感覚のことです。

”目先の小競り合い”、つまり”日々の課題や試験”が機能していない今、必要とされているのは「大局観」です。コロナの影響で、休校が終わったあとの授業計画もイレギュラーなものになるでしょう。それを読んだ上で、年間を通じて俯瞰し、今どのようなペースで何をするか? それが意識できなければ、家にいながらにしてモチベーションを引き出すのも苦しいでしょう。

現役の学生の方には、受験や試験を意識した「大局観」を持つのは難しいものです。だからこそ、サポートしていければと思います。
動きが止まってしまっている学生も多い今は、言い換えればチャンス。大局を見れば今こそ盤上没我、一気にアドバンテージを稼いで長期戦を制しましょう。

はじめまして

ご紹介いただきました新メンバーの村上です!よろしくお願いします!
これからはこのブログをちょくちょく更新させていただきます。

ブログ…懐かしい響きです。SNSが主流の今では、個人ブログもあまり見かけなくなりました。
しかし、かつて私が初めてパソコンを触ったころには、まだブログすら存在せず、テキストサイトなるものが人気でした。

テキストサイトとは何かというと、管理人の日記や、とりとめのない駄文、あるいは新しいゲームや機械のレビューなどを、ただただ「文章」で展開するサイトです。
動画サイトなんかもまだ無かったですから、テキストサイトは「文章」が生命線。運営していた方々は連日、競い合うように面白い「文章」を書いてアップしていたように思います。まさにその方たちは「文章」を武器にする在野の才能だったわけです。もちろん、数多のサイトがありましたから、文章の質は玉石混交だったでしょうが…。

本当に面白いものを読むと、自分でも書きたくなるのが人間の性。もちろん私も例外ではなく、当時は小学生と言えど、ネットではたとえ小学生でも自分から発信することが可能なので…っと、これ以上は黒歴史に触れそうなのでやめましょう。
ともかく、子どもの頃の私にとって「文章」とは、発展していくインターネットと絡み合う刺激的な”娯楽”に他ならなかったのです。好きなように「文章」で遊んでいたら、いつの間にか、国語を武器にするようになっていました。

今や、スマホから誰でも動画をアップロードする時代です。そして『いいね』の3文字ですべて完結してしまう。
この新時代において、年々国語力の重要性が深刻に訴えられるようになっていることは、きっと偶然ではないのでしょう。

ブログ、いいですね。あの時代の残滓とも言えるこの形式から、国語の大切さ、面白さを伝えられたらと思います。



ちなみに、我が家では猫を飼っているので、対抗して写真を撮ってこよう!と思っていたのですが忘れてました。また機会があればお見せ…するかもしれません。

新メンバー

考え得る限りの感染対策をして指導を続けています、こんにちはキツナイです!

私事ですが、家族が増えまして。


thumbnail_P_20200415_233459.jpg


3歳の柴mix犬♂です。
先日、保護犬を譲り受けてきたんです。


保護犬は初めてだったので多少の不安はありましたが
粗相もしないしお散歩は横について合わせて歩いてくれるし
とても良い子で安心しました。

おかげで毎日の散歩がルーティンに加わり
劇的に歩数が増えて、これで少しは健康になれるかなと思います(笑)

thumbnail_P_20200414_093724.jpg


ペットショップにいる子たちももちろんかわいいですけど
ペットを「売り買い」するのが、ちょっと、個人的にしっくりこないんですね。

シェルターのペットを引き受ければ、一度は棄てられた命を救うことにもなります。
この子も、あと2週間で処分されてしまうところでした。

費用の面で言っても、ペットショップから迎え入れるより破格で済みますし
おススメですよ。

この子の場合は、去勢済みだったので
その費用とワクチン代、合わせて5万円だけでした。

こちらでお世話になりました。


それはさておき。
新メンバーというのがもう一人いまして。

国錬ゼミに村上という講師が仲間に増えました。
おそらく近々、ブログを更新してくれることと思います。

こちらも乞うご期待!

文房具

こんにちは! 明日、新しい家族を迎える予定のキツナイです!


「新しい家族」についてはまた今度お話しするとして

先日、見ちゃったんです。。。。。
ウワサの、透明消しゴム!


CE.jpg

萌昇ゼミの京山教室で生徒が使っているのを見たんです。
国錬ゼミの授業はここでもやってるんですよね。



すごいねこれ! ホンマに透明!笑
小さいころによく遊んだプリズムみたい!
prism.jpg



文房具って、ワクワクしますよね!

LOFTの文房具コーナーとか行ったら
閉店までいられるもんね(笑)



そんなボクのお気に入りの文房具、ご紹介しますね。

Kawecoという、ドイツのブランドの万年筆です。

FP1.jpg

全体がブラス、つまり真鍮でできていて
重いんですけど、他にはないさわり心地。
そして開け閉めの時の音がまたイイんです。

FP2.jpg

書き心地も大満足の、お買い得な一品です(笑)。

「明=日+月」ではなかった!

公共料金はいつもニコニコ現金払い、キツナイですこんにちは!
今日のお話は、先日友人と話していてふと思ったことです。


漢字には象形文字、会意文字、指事文字、形成文字がありますね。


「川」「山」「母」など、見たものを絵にした形がもとになっているのが象形文字
「上」「下」「本」など、点や線で記号として表したものをもとにしたのが指事文字
「森」「鳴」「岩」など、二つ以上の漢字を組み合わせて別の意味を持たせたものが会意文字
「校」「村」「飯」など、意味を表す漢字と音を表す漢字を組み合わせたのが形声文字



このうち、漢字の80%以上が形声文字だそうです。




さて、「明」という字。これは会意文字ですが、その成り立ちは

「日」=もとは「囧」という、窓を表す漢字に「月」を組み合わせ、
窓から月の明かりが差し込んで「あかるい」ことを表す、ということのようです。

太陽と月、ではなかったんですね。



ここで、ふと気づいた、というか思い出したんです。

キツナイは東京で生まれて育ったもので、
「夜、月の明かりで影ができる」
ことを知ったのはだいぶ後のことでした。
千葉県のド田舎に引っ越したあとなので、少なくとも18歳以上になってからでした。

今思えば、国語の授業や歌詞、読書などで「月明かりが云々」と言われても
ピンと来てなかった子供時代のモヤモヤした感じは当然ですよね。

ちなみに、カメムシの存在を知ったのも高校時代でした。


なんだかかわいそうですよね、都会の子どもって。

ボクなんか、夜に星がきれいに見えていると
今だにかなりテンションが上がりますもんね。

友人などには不思議がられますけど。


ちなみに、国錬ゼミの母体「萌昇ゼミ」の名前に使っている漢字の成り立ちですが

「萌」=草+明で、夜が明けて草木が芽生えることを表す
「昇」=太陽を表す象形文字の「日」+ひしゃくのマスの中に物を入れたことを表す「升」を組み合わせ、太陽などが浮かび上がる、のぼることを表す


だそうですよ。

«  | ホーム |  »

プロフィール

kokugojuku0720

Author:kokugojuku0720
朝日高校・青陵高校・城東高校・操山高校受験 国語専門塾です。
お問い合わせはこちらから

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR